少女が一つの王国を救わんと救いを求め、探した人物たちは
かつて大国を救いし英雄たち

現在の彼らは<大罪人>となっていた…

客が「飯がまずい」っていっただけで「片付けろ」!?

ん!? 豚…!?

豚がしゃべってるー!?

しかもなんだか、可哀そうな扱いをされている!?

少年と豚と…掴みはオッケイ!

こんな少年が店員じゃなくて『店主』!?

少年の名は<メリオダス>という

実は最近、この村には
『<七つの大罪>の一人が村を徘徊している』
という噂が流れていた

酒場に現れたのは<鎧の騎士>!?

中からは可愛い女の子…のはずなのに
なんで、メリオダスは女の子と認めない?

これがしたかったのか…
ただのエロガキだったか…

彼女が物語のキーである

<鎧>をまとっていた女の子は

国を守る<聖騎士>の不穏な動き

最後の頼みは、
『<七つの大罪>を集めること』
なぜ彼女がそこまでするかというと…

彼女が王国第3王女<エリザベス>で
囚われの身となった国王、姉妹はもちろん民のことを
思わんばかりのことだった

だから少年は【名乗った】

エリザベスは気づかないうちに会っていたのだ

伝説の騎士〈憤怒の罪〉メリオダス!!

いつもはお茶目でエロガキ

飄々と攻撃を払う様子や

本気の目で言い放つメリオダスは

<嫉妬の罪>ディアンヌ

巨人族で

団長が大好き!

一旦、怒らすと大変なことにある!

乙女な一面もあり、男女ともに人気だ

〈強欲の罪〉バン

彼は捕まって以来、暗い洞窟の中で幽閉されていた

もう力がないかと思いきや

あっさり脱獄。

ついでに髪も散髪

見た感じ、とっても悪い男にしか見えない

団長との再会はとってもたまげる!

バンに傷をつけたのは一体だれなのか

<怠惰の罪>キング

ディアンヌがとーても大好き!

しかしバンに対してだけは

なぜか、殺したいほど憎んでいる

後半に合流してくる残り3人
〈色欲の罪〉ゴウセル、<暴食の罪>マーリン、<傲慢の罪>エスカノール

この3人も一癖も二癖もある奴らだ。

<七つの大罪>を滅しようとする者たち

そして得体のしれない怪物と…

だがしかし、もっと怖いものは

彼の中にいる“何か”かもしれない

王道ファンタジー『七つの大罪』を読もう!

商品購入

電子書籍

14,949
電子書籍 購入ページ

Back Number