一本の“口紅”によって人の醜い感情を呼び覚ます…

母は大女優だった…

なぜ母に似なかったのか

優しかった母が残してくれた“もの”

私のほしいものに…

それは
あなたの…
欲しくて
欲しくて
たまらなかった…

私の欲しかったもの!!

私のつらさをわかってくれた?

わたしは捨てる

闇が深く深くなっていく…

続きはこちらをご覧ください

単巻のご購入はこちら!

Back Number