電子書籍

だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第7回


シュンが次の選挙に向けての役割分担を割り出した。膨大な情報を元にシミュレーションした結果の適材適所だという。選挙参謀・松永、政策秘書・セイラ、そしてなぜか、立候補者の第二候補にボクの名が……。しかも、立候補者は、選挙管理委員会に600万円を供託金として支払わなければならない。お金のないボクの代わりに、シュンは自分が払うというが……。
作者 幸田真音
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 5pt 進呈
版型 書籍
レビュー