電子書籍

天文御用十一屋 烏刺奴斯の闇


十一屋に、見ず知らずの僧侶が瀕死の状態で駆け込んできた。蘭学者として、医学にも明るい宗介の手当ての甲斐あり、僧侶は順調に回復する。だが用心棒の小次郎は、僧侶がどうやら、宗介の昔馴染みであることを隠しているらしいことに感づく。同じころ、ある町人から、宗介の出生にまつわる恐るべき噂を耳にして――。人気シリーズ第三弾。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 19pt 進呈
版型 書籍
レビュー