電子書籍

船手奉行さざなみ日記 2 冊セット最新刊まで


鎖国政策の終焉は、海域警備の重要度を上げた。かつて吹きだまりと揶揄された船出奉行所は、国防を担うまでの存在に。その筆頭与力に出世した早乙女薙左は、ある日、海岸線で妙な一団を見つける。密入国か? 調べ始めた薙左は裏で密命が蠢いていることを突き止めるが、少年時代に失踪した幼馴染みが絡んでいることも知り……。新シリーズ開幕!
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 36pt 進呈
版型 書籍
レビュー