電子書籍

魂の友と語る


これは私の大切な友人と語った会話の記録です。私のとても個人的な部分を表したので、この本を出すことに、とても緊張しています。
同時に、この本を出せることをとてもうれしく思っています。
皆さんと同時代に生きていることも、うれしく思います。
――銀色夏生
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 18pt 進呈
版型 書籍
レビュー