電子書籍

江戸湾封鎖


「クァピタン殿! 打沈め線を越えてはならねぇ!」
ペリー来航の7年前。江戸湾に、巨大な戦艦が突如、姿を現した。幕府が決めた「打沈め線」を越えたら、三崎にある日本側の全ての大砲は火を噴く。
西欧列強の恐ろしさは、清国の惨状から、骨の髄まで日本人には理解されていた。なんとしても砲弾を交えることなく、巨大戦艦を止めなければならない。
自らの船の70倍の人員を乗せた世界最大級の戦艦をめざし、川越藩与力・内池武者右衛門は、死を覚悟の「乗止め」に向かった――。
胸熱くなる歴史エンタメの傑作!
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 38pt 進呈
版型 書籍
レビュー