電子書籍

華の下にて


国際生花シンポジウムの開催地・京都で雑誌記者が謎の死を遂げた。五百年の歴史を誇る華道家元の座をめぐり、様々な思惑が複雑に絡み合う中、第二の犠牲者が。連続殺人の裏には何が隠されているのか? 美しく桜が咲き乱れる古都で、伝統と格式のもとに封印された秘密に、浅見光彦が挑む! 著者にとって記念すべき百冊目の作品となった傑作長編。
作者 内田康夫
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 15pt 進呈
版型 書籍
レビュー