電子書籍

ゴーマニズム宣言8


坂本弁護士一家失踪事件を推理した第百二十五章「拉致」(「ゴー宣7」所収)に対してオウム真理教が記事の訂正、謝罪を要求してきた。これをもって著者とオウムの裁判闘争が始まる。オウム弁護士との面談、度重なるオウム本部への勧誘、不審者の影……そんな緊張が続く日々、假谷さん拉致事件、そして地下鉄サリン事件が起こったのだった――。
作者 小林よしのり
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 12pt 進呈
版型 コミック
レビュー