電子書籍

閉じている膝 人形の家 2


「いや……」かそけき声で小夜が言ったとき、彩継は意外だった。最初こそ全身で拒んでいた小夜だが、いつしか養父となった自分の愛撫を待っている。もう、どんな男にも渡せない……。彩継の指や口を使った「検査」は夜ごとエスカレートしていく。人形のように翻弄され妖しく揺さぶられる小夜の前に、彼女を慕う血のつながらない兄・瑛介が現れた。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 14pt 進呈
版型 書籍
レビュー