電子書籍

鬼外カルテ(3) 花も雪もきっと…(1)


時は元禄、江戸時代。酒見世の若主人・十郎左は、ある日、耳と尻尾のある奇妙な女の子を拾った。菊と名づけた彼女は、言葉もしゃべれるのに、他の者にはその言葉は聞こえず、犬の子にしか見えないらしい。実は菊は「雨」という名の『狗国の民』だった!! そしてまた、十郎左にも秘密があった……。
作者 碧也ぴんく
出版社 新書館
価格
ポイント 5%: 25pt 進呈
版型 コミック
レビュー