電子書籍

破滅の美学 ヤクザ映画への鎮魂曲


著者は言う。「率直に言って、わたしはヤクザは嫌いである。しかし、個々人で見ると、どうしてあの人たちはあんなに魅力があるのだろう」--得体の知れない魅力にとりつかれ、取材を重ねたヤクザの世界。日本映画屈指の名作「仁義なき戦い」の脚本家が、「社会の屑」と呼ばれ、ひとたび葬られたら二度と掘り起こされない男たちの闇と狂気を描き出す。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 27pt 進呈
版型 書籍
レビュー