電子書籍

ラストレター「1リットルの涙」亜也の58通の手紙


「私の一生の夢はひとりで早く何でもできるようになって、親孝行していいおねえさんになりたいということ」(本文より)。将来への絶望の中で、亜也に光を与えてくれたのは、3人の親友たちとの手紙の交流だった。かけがえのない友に贈った亜也の魂の言葉が、今もなお人々の心を励まし、温かく包み込む。6年間に及ぶ58通の手紙を完全収録。
作者 木藤亜也
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 12pt 進呈
版型 書籍
レビュー