電子書籍

遠い夏、ぼくらは見ていた


十五年前の夏のキャンプに参加した二十七歳の五人がキャンプ主催者の遺言執行人に集められた。当時ある行為をした者に遺産三十一億円を贈ると告げられる。行為の内容は伏せられたまま、五人にはキャンプの詳細を思い出すことが課せられた。莫大な金への欲に翻弄されながら、各々が遠い夏の日を手繰り寄せる……。人の記憶の暗部に迫るミステリー。
作者 平山瑞穂
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 36pt 進呈
版型 書籍
レビュー