電子書籍

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。2


愛沢の退学騒動を乗り切り、東雲の入部によって廃部の危機も免れた。これでまた文芸部という空間で、自分の好きなものを思う存分楽しむことができる――そう思っていた耕介だが、現実はそううまくいかない。生徒会の手伝いとして行っていた相談受付に訪れる生徒の数が、なぜか急に激増したのだ。このままでは部活どころではない。さらにそんな中、耕介は天姉と愛沢と東雲と四人でデートに行くことになり――!?
作者 赤福大和 朝倉はやて
出版社 講談社
価格
ポイント 5%: 25pt 進呈
版型 書籍
レビュー