電子書籍

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意


「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います――」
「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」
御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが大正昭和平成にわたって過ごした日々から溢れた本音を俳句とともに語ったエッセイ。
これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。
作者 金子兜太
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 23pt 進呈
版型 書籍
レビュー