電子書籍

無残花物語(下)


「何をそのようにうろたえているのです。もう腰が抜けて、磔にかけた女を槍で突く元気もなくなったのですか」。処刑の刻、お蘭は妖しい悩ましさをもつ優美な裸身を激しく揺さぶり、大声で言い放った--。責め苦の果てに現れる女体美の究極の姿を鮮やかに描き尽くす、その意外な結末とは? 暗黒文学の最高峰にして、団鬼六世界の総決算。
作者 団鬼六
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 16pt 進呈
版型 書籍
レビュー