電子書籍

家畜人ヤプー 第四巻


ヤプーは日本人のなれの果てであり、かつての日本列島には「邪蛮(ジャバン)」と呼ばれるヤプーの国が存在していた。ヤプーの間では宗教教育の結果、白神信仰が浸透していて、その始祖こそ天照大神ことアンナ・テラスであった。クララはアンナに会うため飛行島高天原(ラピュータ・タカラマハン)を訪れ、驚くべき歴史の真実を聞く……。記紀神話をも解体、吸収する妄想の迷宮、第四巻。
作者 沼正三
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 書籍
レビュー