電子書籍

Voice or Noise(4)


「実体のない大きな犬が徘徊している」──最近、動物達の間では、幽霊犬の噂で持ちきり!! そんな時、イサドアが霊感体質と知って、振一郎(しんいちろう)は興味津々。「信じるよ」という振一郎の一言は、イサドアの執着を煽ることに…。そのうえ、成澤(なるさわ)に嫉妬と対抗心を燃やし「男でもいいなら、僕ともつき合えるよね」と迫られて!?
作者 円陣闇丸
出版社 未設定
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
判型 コミック
レビュー