電子書籍

認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩


認知症による徘徊などで家を出て、
そのまま戻れず行方不明になる人が、年間1万人もいた!

悲劇はすぐそこで起きていた。
社会を動かした「NHKスペシャル」待望の書籍化。

放送をきっかけに、認知症で身元不明の女性が約7年ぶりに家族と再会。
国や自治体が対策に着手するなど、社会を動かしたNHKスペシャル「“認知症800万人”時代 行方不明者1万人~知られざる徘徊の実態~」を書籍化。2014年菊池寛賞受賞番組。

日本人にとって、国民的な病のひとつとなっている認知症。今や65歳以上の4人に1人が、認知症とその予備軍だ。また、認知症やその疑いがあり、徘徊などで行方不明になった人は年間およそ1万人となる。

本書では、認知症による徘徊で行方不明となっている肉親を捜し続ける家族の苦しみや、身元を確認する仕組みの課題などについて取材。
超高齢社会に突入した日本で、誰もが当事者となり得る問題について、警察・自治体・家族への膨大なアンケートから分かった知られざる実態と解決策を提示する一冊。

認知症の人を介護する家族に向けて、医療・介護の専門家が教える認知症ケアのポイントも丁寧に解説。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 38pt 進呈
版型 書籍
レビュー