電子書籍

家族に見える虹1巻


ライターの美歩は妻子ある男にしか好きになれない自らを恥じていた。そして男が家庭を優先して自分を捨てるのではないかという不安を紛らわすため、薬に頼る毎日を送っていた。そこには恵まれない子供時代の思い出が深く影を落としていて――…。幸せを求めてもがき続ける美歩の姿は、家族関係の危うさ、難しさ、愛おしさを考えさせてくれる。鋭い視線で社会に問題提起を続ける曽根富美子の名作コミック第1巻。
作者 曽根富美子
出版社 ぶんか社
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 コミック
レビュー