電子書籍

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか


日本人にとって、「道徳」とは何か。
この世の中に生まれて、
私たちはどう在るべきなのか――?

「時代を作る人は、いつだって古い道徳を打ち壊してきた。誰かに押しつけられた道徳ではなく、自分なりの道徳で生きた方がよほど格好いい。
自分なりの道徳とはつまり、自分がどう生きるかという原則だ。
今の大人たちの性根が据わっていないのは、道徳を人まかせにしているからだ。それは、自分の人生を人まかせにするってことだと思う。
誰かに押しつけられた道徳に、唯々諾々と従うとバカをみる。それはすでに昔の人が経験済みだ」

稀代の天才が、現代日本に一石を投じる、普遍的道徳論!
作者 北野武
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 40pt 進呈
版型 書籍
レビュー