電子書籍

風かおる


おのれの背負った罪を知らず、人は生きていく――。
すべてを捨てて妻敵討ちの旅に出た養父・佐十郎と、十年ぶりの再会を果たした鍼灸医の菜摘。死病を患い別人のような男となって戻った佐十郎は、妻敵(めがたき)討ちは自分を陥れるための罠であったと口にした。弟・誠之助、彼に思いを寄せる千沙とともに真相を探る菜摘は、かつて佐十郎と出世を競い、今や藩の重鎮となった三人の男たちにたどり着くが……。菜摘が見た秘められた悲恋の末路とは? 人は信じるとは、なぜこれほど苦しいものなのか? 些細な嫉妬から流転する人生を哀歓豊かに描く、胸を衝く傑作時代小説。
作者 葉室麟
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 38pt 進呈
版型 書籍
レビュー