電子書籍

愛をこうひと


実の母からの虐待という凄惨な記憶を封印して生きてきた照恵。自らも母となり、穏やかな毎日を過ごしていたある日、病院からかかってきた1本の電話が照恵を再び過去と向き合わせる。幼い頃に死別した父の遺骨を探す旅に出た照恵は、その過程で母の人生を知ることとなり――…。母娘の愛憎を衝撃的に描いた下田治美の傑作小説『愛を乞うひと』を社会派漫画の名手・曽根富美子がコミカライズ化。番外編『闇がひらかれるとき』も収録。
作者 曽根富美子
出版社 ぶんか社
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 コミック
レビュー