電子書籍

頂上至極


関ヶ原の合戦から150年。
徳川に歯向かった西軍として、いまだ敵視され続ける薩摩に非情な命が下る。
天下の暴れ川・木曽三川の、絶対不可能とされる治水工事――。
1000人の藩士が“薩摩の本気”を胸に秘め、一路美濃へ旅立った。

これは形を変えた関ヶ原の戦い――。
己の責務に命をかけた男が、艱難辛苦の末、辿りついた衝撃の結末!

宝暦3(1753)年、師走。薩摩藩に、御手伝い普請が命じられた。向かう先は200もの支流を持つ木曽三川。平田靫負は、総奉行として一路美濃へ。
狡猾な輪中の民からの愚弄、積み重なる借財、故郷に残した妻子の苦渋、郡代や交代寄合との確執……。
靫負は、果たして御手伝い普請をやり遂げる事ができるのか!?

司馬遼太郎氏に最後に師事し、今最も注目されている村木嵐の傑作歴史ロマン。
作者 村木嵐
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 63pt 進呈
版型 書籍
レビュー