電子書籍

王太子の運命の鞭


僕は君にぶたれたいんだ!!
王太子ラヴィークは興奮していた。鞭を操る男爵令嬢レナの姿を見て、彼女こそが運命の人だと確信したからだ。彼はすぐさまレナと結婚し、期待に胸を膨らませて彼女を寝室へ連れていく。一方、レナは混乱していた。突然、国の英雄である王太子に「ぶってくれないか」と懇願され、瞬く間に結婚させられていたからだ。レナに人をぶつ趣味は無い。誤解を解こうとするが聞いてもらえず、追い詰められたレナは泣きそうになってしまうのだが……。
作者 秋野真珠 成瀬山吹
出版社 イースト・プレス
価格
ポイント 5%: 25pt 進呈
版型 書籍
レビュー