電子書籍

裁かれた命 死刑囚から届いた手紙


一九六六年、強盗殺人の容疑で逮捕された二二歳の長谷川武は、さしたる弁明もせず、半年後に死刑判決を受けた。独房から長谷川は、死刑を求刑した担当検事に手紙を送る。それは検事の心を激しく揺さぶるものだった。果たして死刑求刑は正しかったのか。人が人を裁くことの意味を問う新潮ドキュメント賞受賞作。
作者 未設定
出版社 講談社
価格
ポイント 5%: 38pt 進呈
版型 書籍
レビュー