電子書籍

さよなら一顆


それは7月3日、涙の日と言われる日だった。中古貴金属買取店に勤める座波(ざは)は、閉店間際に婚約指輪を売りにきた男性客に気まぐれに夏みかんを振る舞った。 無表情で淡々としていた男がふいに「おいしい」と言って涙をこぼし、その出来事は妙に印象に残った。 だが数日後、ホテル街で女にひっぱたかれた場面を、件の客・矢神(やがみ)に目撃され……?
愛を見失った男と心を見失った男の、センチメンタル・グラフィティ。
作者 草間さかえ 一穂ミチ
出版社 新書館
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 書籍
レビュー