電子書籍

瓦礫の中の幸福論 わたしが体験した戦後


焦土と化した故郷、未曽有の食糧難、進駐軍の占領……、「敗戦」という絶望の淵から、劇的な復興と高度経済成長を成し遂げた日本を終戦時、小学六年生だった著者はどのように見つめていたのか――。生きていくことはきれいごとではない、という実感から生まれた再起の知恵を、喜怒哀楽に満ちた秘蔵のエピソードを交えてつづる感動の渡辺淳一流人生論。
作者 渡辺淳一
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 28pt 進呈
版型 書籍
レビュー