電子書籍

公事宿事件書留帳五 背中の髑髏


気がやさしい鋳掛(いか)け屋・伊助が、息子・浅吉にせがまれ背中に入れた髑髏の刺青。刺青を入れるには大金がかかる。それにもかかわらず、ただで刺青を入れさせた男の目的とは? 髑髏の刺青に隠された秘密とは? 公事宿(訴訟人専用旅籠)「鯉屋」の居候・田村菊太郎が、江戸時代の京都に起こった数々の事件を解決していく人気時代小説シリーズ第五作。
作者 澤田ふじ子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 16pt 進呈
版型 書籍
レビュー