電子書籍

公事宿事件書留帳九 悪い棺


米屋の主・十左衛門の葬列に石を投げた少年・修平が公事宿(現代の弁護士事務所)「鯉屋」に連行される。居合わせた人々は質の悪い悪戯だと呆れるが、修平の言動に聡明さを感じた菊太郎は、理由を問い質し、彼を助けようと一計を案ずる……。鯉屋の居候・菊太郎の活躍を人情味豊かに描く、人気時代小説シリーズ第九作。表題作ほか五編収録。
作者 澤田ふじ子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 27pt 進呈
版型 書籍
レビュー