電子書籍

公事宿事件書留帳十三 雨女


泥鰌売りをして細々と独り身の生計を立てている岩三郎は、篠突く雨に打たれて長屋の木戸門にもたれかかる若い女を助ける。だが、事情を問う彼にお菊と名乗る女は、何も聞かずここに置いてほしいと懇願するばかり。やがて二人の暮らしぶりが長屋の噂になり始めたころ、岩三郎は思わぬ事実を知らされる――。傑作時代小説、シリーズ第十三集。
作者 澤田ふじ子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 16pt 進呈
版型 書籍
レビュー