電子書籍

日本人の心、伝えます


日々所作を美しく、心豊かに

500年続く日本の美を、92年の精進をかけて守る気骨とは?

日本国内のみならず、国際的な視点で活躍し、茶道文化の浸透と世界平和を願う茶道裏千家第十五代家元・千玄室氏。「一わんからピースフルネスを」を提唱し、茶の道をきわめた著者が教えてくれる、私たち自身が忘れつつある日本人の心とは。疲れた現代人のためのエッセイです。

もくじ
第一章 日本人なら知っておきたい茶の心
●なぜ大変な手間ひまをかけて、お茶を点てて差し上げるのですか
●同じ茶碗で飲み回すから、絆が強まるのです
●入口を小さくしたのには、大きな理由があります ほか

第二章 奥深くてためになる茶の湯の名言
わびさび・枯れて見えながら熱き思いを内に秘めます
和敬清寂・目には見えない心の汚れに気づくには
守破離・一から始めて十に到達したら、また一に戻りましょう ほか

第三章 日々所作を美しく、心豊かに
●相手の呼吸を読み、タイミングをつかむには
●季節の移ろいを感じる、ぜいたくな時間 ほか

第四章 日本人の生き方、伝えます
●平和ボケの日本に未来はありません
●外国語を話せるだけでは国際人になれません
●若い人と張り合うのではなく、自分らしく現役を貫く覚悟です ほか
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 40pt 進呈
版型 書籍
レビュー