電子書籍

百姓貴族(4)


マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。今巻も、農家の結婚式や農閑期の過ごし方、バター騒動や、もしも開拓農民として火星に移住したら!?など、農家あるあるネタ満載!! さらに親父殿の内臓が破裂していたり、スズメバチに刺されたり、腸閉塞を起こしたり、それでも不死鳥のように蘇る素晴らしき伝説(レジェンド)炸裂!!
作者 荒川弘
出版社 新書館
価格
ポイント 5%: 17pt 進呈
版型 コミック
レビュー

レビュー

お百姓さんの生き方とは……

★5 / sidare
ハガレンの作者が描いた農家エッセイコミックということで、興味があって読んで見ました。 荒川先生が農家として生きてきた人生を知ることができて、嬉しく思います。 現代ではどんどん農家は減っていきますが、それでも根強く活躍しているお百姓さん達には本当に頭が下がります。

リアルな農家の実態エッセイ

★4 / 山吹
お百姓さん、お米を作ってくれる大切な人。 日本人ならなんとなくイメージできますが、そんなイメージを吹き飛ばすリアルな農家の日々が実体験を基に活き活きと描かれています。 今まで知らなかった農家の世界が目の前に繰り広げられます。