電子書籍

愛するということ


人は人を愛する時、いつもどこかで本当の自分、飾り気のない自分をさらけ出してしまうのだろう。相手に見せたい自分、こんなふうに見てもらいたいと願う自分は、実は常に、中身のない、実体のない、ただの脱け殻にすぎないのだ――。愛の始まりから失恋、絶望、再生までを描く小池文学の決定版、本格恋愛小説。
作者 小池真理子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 25pt 進呈
版型 書籍
レビュー