電子書籍

橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか>


二〇〇六年秋田で、二人の児童の遺体が見つかった。逮捕されたのは、亡くなった女児の母でシングルマザーの畠山鈴香。しかし彼女に「殺意」はあったのか? 著者は、悲惨な生い立ちと裁判の杜撰さを追い、検察の強引な死刑求刑とも、弁護側とも異なる、独自の「真相」を提示する。各紙誌絶賛のルポルタージュ!
作者 鎌田慧
出版社 講談社
価格
ポイント 5%: 39pt 進呈
版型 書籍
レビュー