電子書籍

藤原美智子のかけこみ人生相談


「若作りに見えないようにするにはどうすればいいですか?」
「劣化していく自分の受け止め方を教えてください」
「大好きだった元彼が忘れられません。妻であり母であるのに最低だと思います」……。
何歳になっても美醜は気になるし、恋人や家族との関係にも悩みは尽きない。
人生のなかで、諦めるものと受け入れるもの、優先順位はどう判断すればいいのか――?
ヘアメイクの第一人者として人生を切り拓いてきた藤原美智子さんが、鮮やかに回答。
実質的で率直な言葉に前に進む勇気が湧く!

<目次>
◆「『若作り』に見えないようにするにはどうすればいいですか?」
回答「肌と髪の『艶』を作るしかありません」

◆「子育てに参加しているのに妻は不満を言います」
回答「スポットライトを浴びない部分に気づいてください」

◆「劣化していく自分の受け止め方を教えてください」
回答「人生で大事なのは“老い”に焦点を合わせることではありません」

◆「飲むとお金のことを聞いてくる友達がいやです」
回答「その友達に収入はいくらか逆に聞いてみましょう」

◆「大好きだった元彼が忘れられません。妻であり母であるのに最低だと思います」
回答「忘れてください。人は忘れようと思えば忘れられます」

◆「一生旅を続けるにはどうしたらよいでしょうか」
回答「旅のために稼ぐ時間が“仮の私”にならないように」

◆「今やりたいことがわからないままの就職活動が苦しい」
回答「考えているだけでは何も見つからないし、進展しません」

◆「仕事が行き詰まるとお菓子ばかり食べてしまう」
回答「おやつの問題ではなく、ストレスに負けない生活づくりを」

◆「私は仕事をなめているのでしょうか?」
回答「真面目にこなすだけでなく満足感を味わう工夫を」

◆「彼と結婚したいけれど、生活力のない両親を見捨てることはできない」
回答「どちらかを切り捨てない解決法がある」

◆「夫が週2回デリヘルその他の性的サービスを受けています」
回答「夫婦の間で一番大事にしていることは何かで答えは変わります」

◆「オーガニック化粧品の種類が多すぎて難民化しています」
回答「メーカーの理念がパンフレットなどに表明されているかを見てください」

◆「寂しさとストレスで『買い物依存』がやめられません」
回答「自分を変えたい時に『気持ち』に耳を傾けてはいけません。とにかく走ったらどうでしょう」

◆「熱中することがない学生生活に焦ります」
回答「学生時代が人生で一番楽しいわけではありません」

◆「30代半ばの女性派遣社員。先が見えず苦しい」
回答「悩みが抽象的です。頭の中をクリアにする思考法を身につけて」

※本作品は、幻冬舎plus(http://www.gentosha.jp)で、2013年11月~2016年3月に連載した「かけこみ人生相談」の藤原美智子さんの回をまとめたものです。
作者 藤原美智子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 15pt 進呈
版型 書籍
レビュー