電子書籍

修羅の群れ 稲川聖城伝(下)


昭和34年、銀座に事務所を構えて東京進出をはたした稲川は、右翼の大物・児玉誉士夫と出会い「心の親」と仰ぐようになる。関東をまとめる一方、西の雄・山口組とも交流し、三代目田岡一雄組長の葬儀委員長という大役を務め全国の抗争を終結させていく……。現代の任侠道を貫いた首領(ドン)・稲川聖城の人生を描いた長編ドキュメンタリー小説、完結編。
作者 大下英治
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 20pt 進呈
版型 書籍
レビュー