電子書籍

異形の将軍 田中角栄の生涯(下)


炭管疑獄事件で法務政務次官を辞任した角栄は、その時すでに党内の地歩を固めていた。やがて池田勇人を大蔵大臣に推し、再び政界の中枢へと昇りつめてゆく。カネと女、権力を高らかに肯定し、高度成長を演出した情念の宰相の人間力、その権謀術数。小泉政権が打ち倒そうとする巨大な幻影の源とは何か?戦後最大の栄光と汚辱を描いた一大叙事詩。
作者 津本陽
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 16pt 進呈
版型 書籍
レビュー