電子書籍

平穏死という生きかた


こんなにも安らかで、優しい死があったのか!?
逝きかたを覚悟してから、本当の人生が始まる

自分の人生が、いつ、どんなかたちで幕を下ろすのかは誰にもわかりませんが、
誰のもとにも死はかならず訪れます。それが生き物としての宿命です。
高齢化社会も待ったなしの今、私たちは「そのとき」のことを真剣に考えなければなりません。
人は、「死」をきちんと自覚し、自分自身の人生に覚悟が定まった時に、
そこから本当に「後悔のない生」を生き始めるのかもしれません。
命と向き合い続けた、看取りの第一人者による幸せな生涯の閉じかたの指南書。

1章 「平穏死」を阻む現代医療の真実
2章 死と正面から向かい合う
3章 凛として、老いを生きる
4章 悔いなく逝くための「入舞」を準備する
作者 石飛幸三
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 26pt 進呈
版型 書籍
レビュー