電子書籍

僕は沈没ホテルで殺される


バックパッカーの聖地・カオサン通りにある「ミカドホテル」。
日本社会をドロップアウトした「沈没組」が集うこの最底辺ホテルで、殺人事件が勃発。
宿泊者の一橋は犯人捜しを始めるが、三度の食事はすべてドラッグという斎藤、スナイパー気取りのゴルゴ、ゲテモノ食いのチワワら、他の「沈没組」が全員怪しく思えてきて――。
暗黒系群像ミステリ。
作者 七尾与史
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 27pt 進呈
版型 書籍
レビュー