電子書籍

告白の余白


「京女の言うことは、言葉どおりに受け取ったほうが幸せえ?」家を出た兄が実家の農地の生前贈与を求めて突然帰ってきた。しかし、「2月末までに清水京子という女性が来たら土地を譲渡してほしい」という遺書を記し自殺。兄はなぜ死んだのか。そして、女は何者なのか。期限の意味は。死の真相を知るため、弟の英二は一人京都へ向かうが――そこは老舗女将、京美人、狡猾な老職人など曲者渦巻く町。腹黒、嫌味、皮肉が飛び交う町が真実を覆い隠し謎は深まるばかり……。会話すべてが伏線!一人一人の“本音”を見過ごすことなく、あなたは真相に辿り着けるか。大注目の乱歩賞作家が「言葉」に罠を仕掛けるノンストップミステリ。次々と表裏、黒白、真偽が逆転。最後の1ページまで気が抜けない!
作者 下村敦史
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 63pt 進呈
版型 書籍
レビュー