電子書籍

仇討ち東海道(四) 幕切れ丸子宿


父の仇である新谷軍兵衛を追い、東海道を進む矢萩夏之介と従者の小弥太。戸塚、箱根、三島とそれぞれの宿場で思わぬ滞在を余儀なくされ、仇を取り逃がしてきた。そんな中、丸子宿でついに軍兵衛の居場所を突き止める。しかし決闘を前にして、夏之介の心は揺らぎ始める――。果たすべきは仇討ちか、守るべきは武士としての矜持か? シリーズ最終巻。
作者 小杉健治
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 書籍
レビュー