電子書籍

かぼちゃを塩で煮る


台所に立つこと
うん十年。頭の中は、
寝ても覚めても
食うことばかり――
美味探求の記。

明けても暮れても、気がつけば食べることばかりを
考え生きている“食いしん坊”画家は、何をどう好み
如何に食べてきたか。いわしの酢じめ、砂肝パクチー、チンジャオ
ロースの作り方から、野菜の干し方、炭火の使い方、
まずいまぐろのおいしい食べ方まで。文章と画で構
成する、この上なく美味な一冊。
<まずいまぐろの、おいしい食べ方>
その1 一切れ、二切れ食べて、これは
だめだと思ったら、酒と塩をふり、
炭火で串焼きにして醤油とわさびで
食べる。
その2 蓋つきの小鍋にごま油を引いて
まぐろを並べ、酒でのばした豆チの
みじん切りと塩、コショウをふって
酒蒸しにする。食べるときに刻んだ
香菜や葱をのせ、少し醤油をたらす。
和からしがあれば、なおよし。
その3 ねぎま鍋もいい。鍋に蕎麦出汁
をはり、砂糖とほんの少しだけみり
んを入れ、ブツ切りにした葱とまぐ
ろを煮て食べる。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 51pt 進呈
版型 書籍
レビュー