電子書籍

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2


弟を喪った晴彦はパリに戻り、曲芸一座の名番頭・孝介の下で再び働き始めた。頭脳明晰だが無愛想な孝介を得意の料理で支えながら、贔屓筋から持ち込まれた難問題――皇帝が愛したルビーの呪い、時間を旅する予言者の謎、百合の冠と宝の地図――の解決に乗り出す。次第に心を開いていく孝介だったが、ある事件を契機に晴彦を遠ざけるようになり。
作者 三木笙子
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 18pt 進呈
版型 書籍
レビュー