電子書籍

東京オリンピック野球復活・陰の立役者 アイク生原の知られざる生涯


2020年の東京オリンピックで、3大会ぶりに野球が追加種目として復活する。
野球が初めて国同士の対戦として五輪種目に採用されたのは1984年、ロサンゼルス大会のことである。
その2年前、ロス五輪での野球競技実現に情熱を燃やした一人の男がいた。
27歳で単身渡米、大リーグ・ドジャースの雑用係からオーナー補佐に登りつめた日本人、“IKE”とはいったい何者だったのか? 55年間の人生すべてを野球に捧げた、その知られざる生涯に迫る。

<内容>
・ロス五輪組織委員長・ユべロスからの電話
・夢がかなったバルセロナ大会
・早慶6連戦で5試合完投の安藤投手を熱烈指導
・弱小・亜細亜大学野球部の礎を築き、一部昇格
・元祖「日米野球の架け橋」鈴木惣太郎の紹介状
・空港で歓迎した先代オマリー会長
・ミスター・長嶋との絆
・大洋ホエールズのオファーを断る
・村田兆治をよみがえらせたジョーブ博士
・山本昌・衝撃の再留学
・最後の仕事は長嶋一茂
・毎晩見舞いに来たオマリー
・病床にミスターから監督復帰の電話
・あとがきにかえて 安部磯雄とアイク生原

ほか
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 28pt 進呈
版型 書籍
レビュー