電子書籍

墨の魔術師


養母への思慕 代表作への執着 少女への偏愛

書家が狂おしいまでに求めたものは、
何だったのか!?

「書道界の鬼才」が赤裸々に描く、激動の半生!

齢80を目前に控えた書道家の谷村玄斎は、筆一本で身代を築いたことに誇りを持っていたが、どこか虚しい思いも抱えていた。だがある日、東尋坊で出会った少女が玄斎を変える。裸身に最高の美を描きたいという欲望が芽生えたのだ。それは、赤貧の中で己を育ててくれた亡き養母への弔いの意味も持っていた……。
作者 未設定
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 63pt 進呈
版型 書籍
レビュー