電子書籍

東大が考える100歳までの人生設計 ヘルシーエイジング


2050年の日本では、100歳以上の人口が100万人を突破する!
50代後半から60代の方を中心に「どう歳を重ねていけばいいのか」「この時代をどう生き抜くか」、健康、仕事、食、住環境、遊び、生きがい、社会制度活用など、様々な角度から東京大学高齢社会総合研究機構が提言します。
2050年、平均寿命は男性84歳、女性90歳になると予想されている。日本はまだ体験したことのない、未曾有の高齢化社会に突入します。
このような90年、100年生きることが当たり前になってくる時代に、人生後半をどのようにデザインしていけばいいか。
心身が多少衰えてきても、そこそこ元気に楽しく、自分らしく、できるだけ自立的に暮らし続けるようにするという、
「ヘルシーエイジング」の指針集です。
作者 東京大学高齢社会総合研究機構
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 30pt 進呈
版型 書籍
レビュー