電子書籍

追憶のルート19


短い直線を、フル加速した。タコメーターの針は、震えながらレッド・ゾーンへまわりこむ。ミラーに映る暗闇には、二本のマフラーから吐き出されるガスが溶け込んでいた。風の音と、マシンの音だけが聞こえている。他には何もない。彼らはマシンになり、マシンは彼らになる。(「追憶のルート19」より。)ほか5編収録。
作者 山川健一
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 13pt 進呈
版型 書籍
レビュー