電子書籍

オーラが見える毎日 ソウルメイトの果てしない旅


「オーラというのは、光のエネルギーなんだよね。海みたいなものとしてオーラ・フィールドがあって、ぼくらの肉体はその海に浮かぶ船みたいなものなんだよ。」 会話感覚のさりげない語体で綴られたスピリチュアル・エッセイ。
作者 山川健一
出版社 幻冬舎
価格
ポイント 5%: 13pt 進呈
版型 書籍
レビュー